副業でFX投資が盛んな国について

NO IMAGE

副業でFX投資が盛んな国についてですが、FX事業者の紹介サイトやFX事業者のランキングサイトの情報では、最もFX取引が盛んな国はイギリスで次にアメリカが2位の位置となっています。

両者の交通点については、いずれも副業での収入を見込めるという形でFX事業に参加している人物が多くイギリスの場合は老後の生活の資金を若いうちから投資することで増やすということで人気がある投資事業です。

アメリカの場合は、就労による賃金が安いという問題があるため、より多くの収入を得るためにはFX投資もやむなしとしているのです。

では、日本はどうかというと、日本も実は投資家の多さにおいては世界で第5位に位置付けられているため投資家の多さおよび取引されている金額においても割と高い位置にあります。

逆に投資を全く行っていない国についてですが、中国や韓国などはFXによる投資が行われておらず、その理由は海外に資金が流れているとみなしており、参加すらできない国も存在しているのです。

また、一部の国によってですが、FX事業自体が詐欺である可能性が高いなど被害を受けた場合、利用者の方の財産を守ることが出来ないという理由からFX事業自体に手を出すことが出来ない国もあります。

ただ、この問題ですが、FX事業者にも悪い部分がありまして、一つは事業者自体が収益を得るためには利用者を増やす必要性があり、そのうえで利用者の取引から手数料という形で収入を得るなどの方法でしか事業所を経営できないという問題があるため、利用者を増やすためにはFX事業者はどのようなことでもするという問題があるのです。

逆に、利用者が全く得られない場合、収益が見込めませんのである手段をとる事業者も存在しています。それは海外FXに多いシステムである口座開設ボーナスというものです。この口座開設ボーナスとはその名の通り、FX事業者に登録して口座を作れば取引で使用する現金をいくらか渡すというものです。

ですがこの資金自体は自由に引き下ろすことが出来ず、一定額のFX取引で勝ち続けることでボーナス資金を自己の資産とすることが出来るなど制約が課せられるのです。

この部分が詐欺である可能性があるともいわれている部分で、要は事業者側がボーナスを引き出すことが出来ない回収できない現金を渡すことで一応集客をしており、参加者が利益を得ることが出来なくとも参加者から一定額の手数料という収入を得ることが出来るのが問題であると言えます。

結論においては、FXが盛んな国はイギリスやアメリカなどで老後の資金を必要としている国に多くそれと同時に問題においては、FX事業者が多すぎるが故どの事業者も顧客獲得に変に力を入れているというのが問題となります。