動画再生時間のベストは?

NO IMAGE

動画収益を目標として YouTube を始めた方は
どのぐらいの動画の長さがベストなのか気になるところ
ではないでしょうか。
動画の収益は広告の回数によって決まることが多いです。
作成動画の中に広告が多ければそれだけ収益が期待できる
ことになります。
動画時間が長ければ長いほど広告は多数入れられるはずなのですが
実際は動画が長いからと言って、必ずしも収益が良いわけではなく
また短すぎても期待した収益が上げられない 。
ではいったいどのくらいの動画時間がベストなのか考えてみましょう。

10分動画がベストだと言われている
多くの先輩 YouTuber がベストの動画作成時間を紹介していますが
平均的に約10分というのが一番多いです。
動画広告を入れてもらうためには、視聴者の評価もとても大切な
基準となります。動画を見てもらえても、途中でリタイアしてしまう動画
であると評価は下がってしまい、あまり広告が入られないという結果になります。
ですから動画が長ければ良いわけではないということがわかります。
また短すぎても広告を入れる場所がないので、どんなに人気の動画であっても
収益にはつながらないという欠点があります。
そして導き出したのが10分と言う動画です。
視聴者が飽きずに最後まで見てもらえる、また広告を入れることができる長さが
約10分の動画がちょうどいいということなるようです。

10分でないといけない
高い評価を得ている動画は、やはり約10分であることが多いような
気がします。それは人気ユーチューバーの動画を参照すると
やはり約10分から15分が多いからです。
しかし、必ず10分でないと評価されないということではありません。
短い動画であっても数多く動画を出すことで全体的な収益を得ている
ユーチューバーもいますし、長い時間で良い動画を作る
ユーチューバーも存在します。
ですから必ずしも10分でないといけないわけではありませんし
そのような決まりもありません。
つまり、動画作成をする時に要領が良いのは10分動画を作成すること
という答えになる だと思います。

動画次第で時間は関係ない?
では実際のところ動画作成時間は何が良いのか。
それは動画の内容によると思います。
例えば伝えたい内容が10分を超えなければ表現できないと思うのであれば
それ以上で構いませんし、短い時間でインパクトを残したいのであれば
10分よりずっと短い動画時間で勝負というのもアリだと思います。
どのように自分の表現を伝えたいのか、それによって動画時間は
おのずと決まっていくのではないでしょうか。

動画の収益を目指すのか、それとも動画作成の楽しみを取るのか
クリエイターによって違うと思います。
自分はどちらに力を入れていくのかによって動画時間や
動画の内容が変わっていくのだと思います。